イベント情報

【ゆめ。そろばん】上位者輩出!ソロバンコンクール成績発表!!

こんにちは、宇都宮の子供たちのゆめ(夢)を形にする、
 ゆめキララキッズスクール ゆめ。そろばん教室の宗形(むなかた)です。
7月に実施した第31回ソロバンコンクールの結果が発表されました。
問題は小さい桁から大きい桁へピラミッド式に増えていき、出題数も乗算、除算50問、見取算25問、暗算35問と問題数が多いのが特徴です。
検定試験とは別の角度から実力テストの位置づけとして実施し、弾くスピード・正確さなども含め総合的な力を計ることができます。
ソロバンコンクールはその結果を今後の練習や、来年7月に行われる全国そろばんコンクール決勝大会に活かしていくことが大切です。
次回は2月に実施しますので、今回の結果をもとに自分の力をさらに伸ばしていきましょう。
コンクールで以下の間違いをする生徒が目立ちました。普段の練習でも意識して気をつけるようにしましょう!
<答えの桁を確認しましょう!>
そろばんには、答えの位を理解するために「定位点シール」をつけています。
授業の中でもこのシールを使って、答えの位置を指導しています。
普段は級によって出題される桁数が決まっているため、機械的に計算してしまいがちですが、コンクールでいろいろな桁数の問題を解くことにより、
位を確認することの大切さを知ることができます。
普段から定位点シールを意識して、答えを読むようにしましょう。
<焦らず「正確」に計算しましょう!>
そろばんには「正確さ」と「スピード」の両方が必要となります。
コンクールは、上記の通り問題量が多くなっています。
思い通りの点数がとれなかったという人は、もしかすると気持ちが焦ってしまったのかもしれません。
普段の練習でも、まずは「正確さ」を意識して問題を解くようにしましょう。
イベント情報の一覧へ