コラム

時間の使い方を見直そう!【ゆめ。そろばん】

こんにちは、宇都宮の子供たちのゆめ(夢)を形にするゆめキララキッズスクール

【進歩する喜びを子供たちに】 ゆめ。そろばん教室です。

新型コロナウイルスの影響もあり、おうち時間が増え、お子さんの時間の使い方が心配なご家庭も多いのではないでしょうか。子どもがいる世帯を対象にしたあるアンケートでは、「子どものおうち時間が増えたことで心配なことは何ですか?」という質問に対し、第1位が「子どもの時間の使い方が偏りそうで心配」という答えでした。この機会にお子さんの時間の使い方を見直し、時間を有効的に使う習慣を身につけましょう。

①時間の区切りをつけよう!  時間に区切りをつけずに過ごしていると、ダラダラと時間を消費してしまいます。5時から6時までは宿題をする時間、8時から30分間はそろばんを練習する時間と区切れば、メリハリができ、ゴールの時間まで集中してできるようになります。

そろばん教室では…  乗算・除算・見取算を計り、採点・暗算練習・読上練習の流れで授業を行います。時間を意識することは高い集中力を身につけるのに適しています。時間を細かく区切って短期集中を何度も繰り返すことで、メリハリのある時間を過ごすことができます。

②優先順位をつけよう!  家に帰ると学校の宿題、塾、習い事など限られた時間でやらなければならないことが沢山あるでしょう。そのような時は、やることをリストアップしてみましょう。その中から早くやらないといけないこと順に番号を振ることで、優先順位がわかり、時間の使い方を自分で考えるようになっていきます。

そろばん教室では…  生徒一人ひとりにあった目標(ハードル)を用意しています。目標が決まれば、それを達成するために何をすべきなのかを考えるようになります。「目指せ検定試験合格!」→「×算を時間内に終わらせよう!」→「九九がスラスラ言える様にお風呂で練習する」…etc. 教室では、やるべきことを生徒自ら導き出せるよう働きかけ、目標達成できる環境をつくります。

③段取りを考えよう!  段取りが必要な料理や洗濯などのお手伝いは、段取りのトレーニングにピッタリです。日常のお手伝いで子どもの段取り力を自然に養いましょう。

そろばん教室では…  授業中は、小刻みにスケジューリングされています。前もって次やる暗算練習プリントを机の中に準備したり、プリントが無くなったらすぐに次回使う分を受け取ったり、常に次に何をするかをイメージして行動するように指導しています。

おうち時間が増えた今こそ、時間の使い方を見直すチャンスです。

コラムの一覧へ