コラム

そろばんに競技大会は必要なの?【ゆめ。そろばん】

こんにちは、宇都宮の子供たちのゆめ(夢)を形にするゆめキララキッズスクール

【進歩する喜びを子供たちに】 ゆめ。そろばん教室です。

 

そろばんの競技大会、皆さんは参加経験があるでしょうか?

そろばんに大会なんてあるの?という人もいるかもしれませんね。そろばんの競技はまさに頭脳のアスリート。

コンマ数秒で勝敗が決まる真剣勝負が繰り広げられる大会では、小さな子ども達の表情も大人顔負けの鋭い目をしています。

 

どうしてこれほど、熱中できるのか?

それは、そろばんが自分自身との戦いであり、自己成長を遂げている実感を持てるからではないでしょうか。最初はゆっくりと、ひとつずつ問題を解き、「できた」「わかった」を繰り返していきます。

徐々にスピードが増し、難解な問題も解けるようになっていく。

 

出来なかったことが出来るようになる喜びと共に、自信がつけばその実力を試したくなるのは、人間の本能でしょう。まさに、ゲームにはまってしまう感覚とよく似ています。

 

そして、その段階は一足飛びに成しえることはできません。ゲームのような「裏技」はないので、「コツ」だけで上達することはありません。それを実体験として学ぶことこそが、忍耐力や継続する力を養います。

 

さらに、そろばんは無学年生という魅力もあります。

努力を続けると、上級生や大人でさえも飛び越して進級することが可能です。飛び級の無い日本の学校制度では、どんなに勉強を頑張っても上級生は抜けませんから、学年を超えて進んでいけることでアドバンテージも上がります。

 

コロナの影響で今は我慢の時ですが、通常、そろばん競技大会は様々なレベルのものが実施されています。

教室で参加できるソロバンコンクールもあります。ぜひチャレンジをしてみてください。

結果を出せても出せなくても、そこには大きな学びが沢山詰まっていますよ。

 

コラムの一覧へ