コラム

【ロボ団】プログラミング教育必修化の真髄【プログラミングコラム】

こんにちは、ロボ団で講師をしている赤羽です。

今回は、「プログラミング教育必修化の真髄」についてお話したいと思います。

 

2020年度から、全国の小中学校でプログラミング教育が必修化となります。

ダンス科目も必修化し、次はプログラミングか…と戸惑う保護者の方も少なくないと思います。

私自身の経験として、授業体験に来られた保護者の方とお話をしていると、今回のプログラミング教育の必修化を誤解している方がかなりいらっしゃいます。

この度のプログラミング教育とは、プログラムを作ることではありません。

文部科学省が考えているプログラミング教育とは、プログラミング的思考を育てることなのです。

プログラミングと聞いて、大多数の人は、「パソコンを使用した、英語で綴るプログラムを作ること」と考えると思います。

上記の内容は実は業界内ではコーディングと言われていて、今回の求められている教育とは少し意味合いが違ってきます。

そして、文部科学省の意図しているプログラミング的思考とは、論理的思考に基づく問題解決への最適解の選択能力なのです。

更には、現代におけるIT業界での人員不足はとても深刻な問題となっており、未来を支えるための人材としてプログラミングを覚えることが大事になってくるという訳です。

プログラミング的思考、論理的思考力を身に着けることで、

・説得力のある話し方が身に付く、

・悩んで時間を浪費することがなくなる、

・誤った情報に踊らされなくなる

・・・などのメリットがあります。

 

ロボ団では、プログラミング的思考の育成と、ロボット製作を通じて空間認識能力と想像力なども育てる場でもあります。

もし興味を持たれた方がいらっしゃれば、お気軽にお問合せ下さいませ♪

次回は論理的思考力の育て方について、お話させていただきたいと思いますので、ご興味があれば是非ともご覧くださいませ。

今回も、ご愛読ありがとうございました!

コラムの一覧へ