コラム

【ゆめそろばん】そろばんのいいところPart4

こんにちは。雀の宮校の鈴木です。お盆も終わると夏休みももう少し!と毎年感じていました。

今教室に入ってくる子供達の第一声は、「学校が始まる―嫌だなー」です(笑)。聞いていて可愛いなと思う今日この頃です。

そろばんのいいところの紹介もPart4まできました。

4つ目は「頭の回転が速くなる」もしくは「先を読む力がつく」ですね。そろばん上で5+8の場合、8置けない場合、2を引いて10玉を置くのですが8を置けない場合、一瞬の判断でこの2を引いて10玉を置く動作を、早く弾いて答えを出さないといけないので、頭の回転がよくなる訓練をしているに等しい動作を子供達は無意識にしています。

どこにいても数字とは隣り合わせに生活しています。会社に勤めてもコピー何部!残り何部?などの会話や、スーパーに行っても数字は付きまとい、計算が出来ないと大体の計算も出来ずに予算をオーバーしてしまったり。

そろばんを習っている子供達は大体の暗算はもう出来るので、スーパーに行っても、数字に付きまとわれたとしても「鬼に金棒」で怖いもの知らずです。

そろばんを習っている子の顔は内面から出している自信や自己肯定感のエネルギーを感じるので、わたしも本当に嬉しく思います。興味のある方は宇都宮市内に上戸祭・江曽島・雀の宮に教室がございますので、一度お問い合わせ下さいませ。

読んで下さってありがとうございました。

 

 

コラムの一覧へ