コラム

【ゆめ。そろばん】そろばんのいいところPart2

こんにちは、雀の宮校の鈴木です。

前回そろばんのいいところを一つ紹介させて頂きました。

「計算力・暗算力」がつく。こちらはもうそろばんを習っている子と習っていない子とでは、断然そろばんを習っている子のほうが計算が速いです。並んで計算してもらうと一目瞭然だと思います。

今日は2つ目を紹介させて頂きたいと思います。

次にくるのは「集中力が身に付く」ですね。

体験にお子様を連れて来られた保護者様からの質問でよくあるのが、「落ち着きもなく、集中力なんか全くないんですけど大丈夫ですかね?」という質問です。

上のような質問された場合、こちらはもう「全く大丈夫です」とお答えします。

基礎的な部分が終わると9級というテキストをやり始めるのですが、掛け算10分、見取り算10分と時間内に問題を終わらせ、そこで決まった点数を取らなければいけないという、子供達にとって目標が設定されていますので、必死になって子供達はそろばんを弾きます。

きっとそういった事を毎回毎回積み重ねてやっていくうちに「集中力」も身に付いていくのだと思います。

皆が一斉に10分を弾きますので、その時間中の教室の中はそろばんを弾く音「パチパチ」という音だけが響いています。この姿勢は本当に素晴らしいものです。

宇都宮市内には上戸祭校・江曽島校・雀の宮校と3校ありますので、もし興味がございましたらいつでも最寄りの教室にお越しくださいませ。

今回も読んで下さってありがとうございました。

 

 

 

コラムの一覧へ